ヘナトリートメント&小顔矯正で、心とお顔、頭皮のむくみを落として、笑顔を取り戻しましょっ♡

咳がひどく続いたときの ショウガ湿布

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。  ナマステ。

 

魔法の痛み止め

 

風邪を引いて 咳が長引いてしまって辛い。。。

こんな症状の時は、どうされていますか?

 

私も、長年悩みのタネでした。

 

昔はヴィックスヴェポラップ?のような

スーースーーするお薬を塗った覚えがあるのですが、笑。

 

今は、お医者様が、気管を広げる <シール>

をくれますよね。

効いてるんだか効いてないんだか、効いているのでしょうが、、、

 

 

しか〜〜し!

アーユルヴェーダでは、「ショウガ湿布」というものがあります。

 

最近、娘ちゃんが 久しぶりに風邪をひき

発熱から咳が出だして、夜中も咳き込んだ日、

デコルテをマッサージをしてあげて

胸に「ショウガ湿布」をしました。

 

気持ちが少し和らいだのか、

咳も静まり、朝まで眠ることができたようです。

何より、看病の私が眠れました。笑。

ありがたかったです。☆

 

他にも、効果的な使い方があります。

・しもやけ

・肩こり

・頭痛

・腰痛

・生理痛

・腹痛

などの、痛みを和らげるにはとても効果的です。

 

 

〜方法〜〜

①ショウガ粉末を水にとき、ケチャップくらいまで練って、ペーストを作ります。

(生の生姜をすりおろして使っても大丈夫ですが、密着力が少ないので使いにくいです)

②患部をオイルマッサージします。

③患部に直接ペーストを塗ります。

④ラップフィルムまたはガーゼで患部にのせます。

⑤30分置いてから拭き取ります。

 

ショウガの成分で、患部がとても温まります。

今回の私の娘のように、一晩つけたままにするような場合は、

ケチャップよりももっと柔らかいペーストにして、

薄くのばしてあげれば、朝まで大丈夫ですよ!

 

注意・1週間以上毎日続けない

  ・子供に行う場合や、頭痛、長く続けたい場合は、ショウガ:小麦=1:1でペーストをつくる

  ・湿疹・かぶれ・傷がある場合はオイルは良いが、ショウガ湿布はしないこと

 

その後、3日間連続で行った結果、

咳は、出なくなりました!!!

 

 

ケミカルではなく、ピュアなハーブの力と

マッサージなどのスキンシップで愛情を表現してあげれば、

癒されることができ、治癒力を上げる効果があると思います。

 

アーユルヴェーダの家庭療法、

お子様や旦那様、奥様や大切な方にいかがでしょうか。

 

 

 

では、 Next  です。 xxx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください